忍者ブログ

雑趣味

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Amazonにて約7千円。Ethernet機能もついてこの値段。とても安い。
これと一緒に予備のインクも購入したが、約6千円。

インクで儲けるビジネスモデルとは言え、インクがなくなったら新しい本体を買う、ということを考えてしまう。
今回は2千5百円のキャッシュバックもあるため、それを考慮するとインクを買うより本体を買った方が安い。
今の時代にそぐわないシステムだ。

ただこのインクも、全色まとめて同時に無くなってくれるのならいいが、一色ずつ交換することになる。
だから、本体を買い換えるタイミングが難しい。

やはりウマいビジネスモデルだ。

■PX-V630と比較しての特徴

・印刷完了して、しばらくしてからクリーニングらしき動作をする。それが完了した後であれば電源OFF時にクリーニング動作はしない。PX-V630は電源OFF時しか行わない(と思う)。そのためにインクが詰まりやすかった?

・連続印刷を行っている場合は良いが、1枚1枚手差しで行っている場合は、そのたびにクリーニングが発生してしまう。このあたりもう少し賢くしてくれないかな。。次の印刷が要求されたら、クリーニングはキャンセルするとか。この業界は特許でがんじがらめなのでそれが関係しているのかもしれませんが。

・プリンターを使わずに放置しておくと、自動的に電源OFFになる。PX-V630は常に電源ONの状態。プリンターの電源切り忘れはよくやるので、前項目の動作と合わせて考えると、HPのほうが良い。

・給紙がしやすい
PX-V630は丈夫からの手差し風の給紙のため、1枚だけセットする場合、どこがフィットポイントなのかわかりにくい。OfficeJetは前面給紙なのでわかりやすい。

・封筒も印刷できた
前面給紙・前面排紙なので厚めの封筒はNGかと思いましたが、一応出来ました。
ただ、封筒が給紙されるときはかなり激しい音がして、封筒にもしわが入ってしまう。

・印字品質
使い古した昔のPX-V630と、新品・最新OfficeJetnとの比較ですが、はるかにOfficeJetのほうがいい。
(ただしPX-V630のインクカートリッジは新品)

・黒インクだけの印刷
OfficeJetには黒インクだけの印刷モードがある。PX-V630は「黒」という選択肢はあるが、それが黒インクのみかどうかは怪しい。ちなみに自分はほとんど「黒」を選択していたが、どの色も均等に減っていると感じた。クリーニングによる減少なのか、黒を全色で印刷しているためなのか区別できず。
(メーカーとしてはインクを消費して欲しいので、全色でやっているんだろう、と勘ぐる)


拍手[0回]

PR
<< ETC側のマウント部品   HOME   PX-V630寿命? >>
[56]  [55]  [54]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [44
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/22 パネライブランド激安市場]
[10/21 ルイヴィトン時計]
[09/26 韓国ブランドコピー時計]
[09/23 しるこ]
[09/20 NONAME]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright 雑趣味 by No Name Ninja All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]