忍者ブログ

雑趣味

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前にも書いた防犯対策

あれから色々と考えて考えも多少変わった。

まずはその考えのまとめから。

プロは必ず下見をする

しないのはその辺のクソガキくらい。
まずはこれが基本にある。
ということから導かれるのは、

鍵付きのバイクカバーは必須

私の場合はU字ロックなどを通せる穴のあるバイクカバー。
前回盗まれたDjebelにはこれが無かったことが大きいと思う。
下見をするときに出来る限り詳細を確認したいため、ロックされているカバーは厄介。
もちろんカバーを破れば容易に確認できるが、そんなことをしたら「盗む準備をしてますよ」と所有者に知らせるようなもの。

防犯カメラは有効

もし下見をした痕跡があれば、防犯カメラで誰が来たのか確認できるし、防犯対策を強化することもできる。
それもあるため、窃盗犯は防犯カメラを嫌がるだろう。

上記2つがあれば大丈夫かと言えば、こちらの「盗難バイクリスト」にあるように、盗まれている人は何人もいる。
ただ防犯カメラがあると盗難されにくいように見える。

ここからが現時点で考えている追加の防犯対策。

・防犯アラーム
・盗難検知用カメラ

この2つが有効ではないかと。

防犯アラーム

必ずしも大音量の必要はないと思う。今のところ考えている仕組みは、
・シートの下に入れる
・普通の小さめのスピーカ
・振動検知で動作
・初動の振動では「防犯装置が作動しました」としゃべる
・継続する振動では「警備会社へ通報しています」としゃべる
・エンジンキーONでアラームOFF

これにより、
・下見の時点で防犯装置があることを知らせることが出来る
・ツーリング中にも効果発揮

ということで、純正のイモビライザーとほぼ同等の機能になると思うし、安く作れると思う。
それにスピーカから出てくる音声は自分で様々にカスタマイズできる。
(ダースベイダーの音楽も流せる)

盗難検知用カメラ

いわゆるネットワークカメラを設置。
そのままネットワークカメラを設置してしまうと、バッテリーの問題があるため、振動検知で起動するもの。
振動を検知するとネットワークカメラが起動し、そのカメラが捉えた画像をメールで携帯などに送信する。
これにより、運が良ければ犯行現場を抑えることが出来るかもしれない。
もしそれができなくても画像で判断し、警察に通報することが出来る。

ただ問題はネットワークカメラから私の部屋までの見通し距離がやや離れていて電波が届くかどうかと言うところ。

以上の防犯対策でどうだろうか?

もし下見をしている疑いがあればさらなる対策を取る。たとえばアースロックなど。
ちなみに私の場合のアースロックはかなり強力。
なぜならアースロックをするワイヤーが機材では届かないところに設置されるため、たぶんかなり難しいと思う。
ということは上記のような手の込んだ対策は要らないんじゃないか?^^;

まぁどれが一番良いのかはわからない。
盗まれて初めて自分の対策の甘さが認識できる。





拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/03 スーパーコピー激安市場]
[12/31 ヴィトンコピー]
[09/23 しるこ]
[09/20 NONAME]
[08/31 カルティエ激安ブランド館]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright 雑趣味 by No Name Ninja All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]